[PR]

「これは報道への圧力を狙ったものではない」

 7月21日に投開票された参院選から3日後の同24日。本紙記事への抗議会見を開いた自民党県連の島袋大幹事長は、会見が報道機関への「圧力」であることを否定した。

 県連が主に抗議したのは、選挙取材班だった私が同僚と共に執筆した連載記事。「もう、公認を取り消してもいいんじゃないか」。自民が公認した候補者の擁立を巡り、自民所属の県議から出た声を書いた部分だった。会見を開いた県連の中川京貴会長は「議員総会ではその話は出ていない」と述べ、記事は事実誤認と主張した。

 記事の内容を巡って抗議や苦情…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら