[PR]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は16日、オウム真理教元幹部らの死刑執行を速報したフジテレビの報道特番について、審理に入ると発表した。申立人は教団元代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚の三女。「人の命を奪う死刑執行をショーのように扱った」として、遺族の名誉感情を害されたと訴えている。

 対象は、同局が昨年7月6日に生放送した「FNN 報道特別番組 オウム松本死刑囚ら死刑執行」。同委によると、番組は約1時間半にわたり、松本元死刑囚ら元幹部7人の死刑執行について、情報を更新しながらフリップなどを使い速報したほか、各拘置所からの中継やスタジオでの事件の解説、被害者遺族らの会見の様子なども伝えた。

 松本元死刑囚の三女は、スタジオのコメントも名誉感情を傷つけるものであったなどと主張し、フジテレビに謝罪を求め、人権委に申し立てを行った。フジテレビは、速報情報を扱う生放送番組の制約の中で、複数の死刑囚の執行情報をできるだけ視聴者に分かりやすく伝えたと人権委に説明。人権侵害にあたらないなどと反論しているという。(西村綾華)