[PR]

 日本相撲協会は16日、呼び出しのトップである立(たて)呼び出しの拓郎(63)=春日野部屋=が後輩2人に暴力を振るったと発表した。本人から提出された退職届を預かり、協会のコンプライアンス委員会が調査と処分案の検討を進めるという。

 協会によると、拓郎は8日、新潟県内の巡業会場で、客席で食事をしていた序二段呼び出しを注意し、拳で頭を殴った。近くにいた幕下呼び出しにも「なぜ注意しないのか」などと言って背中を1回たたいた。2人にけがはないという。

 昨年「暴力決別宣言」を出した協会だが、今年9月には貴ノ富士による付け人への2度目の暴力が明らかになった。呼び出しが暴力で処分を受けた例はない。

 呼び出しは、土俵上で力士を呼び出すのが主な仕事。拓郎は2015年九州場所前に、結びの一番を務める立呼び出しに昇進した。