[PR]

 野良猫を地域猫として住民と共生しようとする取り組みが、宮崎市で活発化している。不妊・去勢手術のために市動物愛護センターに利用登録をした自治会や市民団体の総数は30を突破。ボランティアは連携して募金活動を始めた。市議会には動物愛護の議員連盟ができる見通しだ。こんな動きの中で課題が山積していることも見えてきた。

●ボランティアが団結

 「野良猫を増やさないための募金をお願いしまーす」。4日夕、橘通りで女性7人が仕事帰りの通行人らに呼びかけた。

 市内で地域猫活動をする人たち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら