[PR]

 テレビ朝日は16日、夕方の報道・情報番組「スーパーJチャンネル」(月~金曜)が3月に放送した企画コーナーで取り上げたスーパーの買い物客として、男性ディレクター(49)の知人を仕込む不適切な演出があったと発表した。16日夜に会見を開き、篠塚浩常務が「今回の問題は、当社の番組に対する信用を著しく毀損(きそん)する重大な問題。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。「仕込み、やらせと言われても否定できない」とも述べた。

 この問題で、テレ朝の早河洋会長と、放送当時社長だった角南源五取締役が報酬の10%を1カ月返上するほか、宮川晶報道局長を10日間の懲戒停職にするなどの処分も公表した。

 テレ朝によると、問題があったのは、3月15日に放送された「業務用スーパーの意外な利用法」という企画で、業務用の食品などを扱うスーパーに業者ではなく個人で買い物に来た客の人間模様を伝える内容だった。男性ディレクターが2月27日~3月5日に一人で取材したが、放送で取り上げた男女5人は、いずれも男性ディレクターの知人だったにもかかわらず、初対面を装うなどしていたという。同局への匿名の情報提供で問題が発覚したという。

 男性ディレクターは俳優養成教…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら