[PR]

 東京都大島町の大島高校農林科2年の川島星菜(せな)さんが、宮城県で23日開かれる日本学校農業クラブ全国大会に出場する。大島は台風15号で打撃を受け、農業にも大きな被害が出た。川島さんは、レモン栽培で島の農業を振興する計画を発表する予定で「島を元気づけ、島の農業を盛り上げていきたい」と語る。

 川島さんが発表するのは、ツバキ油を作る際に出たしぼりかすをレモン栽培の肥料に利用する取り組みだ。「レモンという新たな特産物で耕作放棄地を活用し、新たな雇用を生みだし、島の人口減少に歯止めをかけたい」と意気込む。

 農林科の生徒は、島の資産を生かした振興策を考え、2年前から農業クラブの大会に参加している。

 今年は出場した3人全員が都大…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら