[PR]

 国立がん研究センターと国立成育医療研究センターは18日付で、39歳以下のがんについて、初となる全国規模の調査結果を公表した。2016、17年の2年間に、がんと診断されたのは約6万2千人。15~39歳のAYA(Adolescent and Young Adult=思春期と若い成人)世代では、女性が約78%だった。

 小児がん拠点病院15施設を含む、全国844施設を対象に調べた。男女別にみると、0~14歳の小児では、男性55%とやや男性が多いが、AYA世代は、女性が4万4946人と77・7%を占めた。とくに20歳以上は、年齢が上がるごとに女性の割合が増える傾向にあった。

 AYA世代の女性で多いのは早期の子宮頸(けい)がんで、この世代の4割にあたる。国は20歳以上の女性に、2年に1度の子宮頸がん検診を推奨している。だが、受診率は16年調査で30~40%程度と低く、チームは検診の受診を呼びかけている。

 AYA世代の男性のがんは詳細…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら