日本高校野球連盟事務局長の竹中雅彦(たけなか・まさひこ)さんが16日午後6時10分、間質性肺炎のため和歌山市内の病院で死去した。64歳だった。葬儀は家族葬で行い、後日、日本高野連がお別れの会を開く予定。

 竹中さんは和歌山県の教諭として高校野球に携わり、県高野連理事長などを歴任。2011年4月に日本高野連参事に転身し、13年12月から事務局長を務めていた。元プロ選手に高校野球指導の門戸を広げる学生野球資格回復制度の実現に尽力したほか、タイブレーク制度の導入など、選手の健康に配慮した施策を進めた。