[PR]

 天皇陛下の即位礼正殿(せいでん)の儀(22日)に合わせて訪日する韓国の李洛淵(イナギョン)首相(66)が、朝日新聞の単独取材に応じた。安倍晋三首相と24日に会談する予定で、文在寅(ムンジェイン)大統領からの親書を持参する可能性に言及した。文氏には元徴用工問題でこじれた日韓関係を打開したい強い意思があると述べ、今回の会談を年内の首脳会談につなげたい考えを示した。

 李氏は「大統領は当面の問題を今回すべて解決するのが難しくても、任期内に解決されるよう望んでいる。韓日関係をとても心配している」と強調した。

 韓国大法院(最高裁)が昨年10月に元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じて以降、日韓関係は急激に悪化。7月に日本が対韓輸出規制強化を始めるなど、悪影響が貿易や安全保障分野にまで拡大している。

 李氏は元徴用工問題について、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら