[PR]

 コンピューターゲームを使った対戦競技「eスポーツ」の部活動が17日、熊本市西区の市立千原台高校(前田清孝校長)で設立された。部員は1、2年生の10人。公立高では「県内初」というeスポーツ部が目指すのは、全国高校選手権などでの活躍だ。

 17日午後4時、同校実習棟3階の総合実践準備室。室内にはレンタルした真新しいゲーミングパソコンが5台並び、1年生4人、2年生6人の部員や顧問を務める教諭、前田校長らが勢ぞろいした。部活初日に腕試しをしたのは、5人一組の仲間で協力して相手の陣地に攻め込む人気ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」など。全国高校eスポーツ選手権や高校対抗全国eスポーツ大会の競技種目にも選ばれているという。

 部長を務める2年生の下田琉稀(りゅうき)さん(17)は「大好きなゲームがスポーツとして部活に取り入れられたのがうれしい。ゲームは勝負。大会では本気で勝ちに行きたい」と意気込む。

 きっかけは今年6月、情報科経…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら