[PR]

 安倍晋三首相は17日午前、台風19号で大きな被害が出た福島県内の被災地を視察した。

 首相は自衛隊ヘリで福島に入った。郡山市の郡山中央工業団地を訪れ、台風通過後に撮影された航空写真を見ながら、品川万里(まさと)市長から被災状況の説明を受けた。パナソニックの電子部品をつくる工場や、ラーメンチェーン店を展開する幸楽苑ホールディングスの本社、工場などがあるが、阿武隈川の堤防が決壊した影響で、団地全体で稼働がほぼ停止しているという。

 首相は、同市内の小学校にある避難所も訪問した。約100人が身を寄せており、自宅が浸水した年配の女性に「夜は寒くないですか」と話しかけ、自衛隊が設置した仮設の入浴施設などを視察した。

 首相は17日午後、同じく甚大な被害が出た宮城県内も訪れる予定だ。(野平悠一)