[PR]

 大阪府大東市の阪奈病院で、8月までの2年半の間に、抗生物質がほとんど効かない細菌の多剤耐性アシネトバクター(MDRA)に結核の入院患者19人が感染し、1人が発症して死亡していたことがわかった。感染症法は医療機関に対し、発症が確認されれば報告を義務づけているが、約7カ月間放置していた。ほかに17人が死亡したが、病院は「明らかな因果関係は認められない」と説明している。

 病院によると、MDRAに感染したのは結核病棟で入院していた58~97歳の男女19人。2017年2月から今年8月にかけて見つかったという。

 同月、病院から別の感染症の調査依頼を受けた外部の医師がMDRAの感染に気づいた。遺伝子検査の結果、院内感染と判明。感染経路は分からないという。

 今年1月、発症による肺炎の悪化で死亡した男性患者(71)について、主治医はMDRAへの感染を把握していたが病院に報告しなかった。このため、病院から所管の保健所への報告義務も守られなかった。四條畷保健所が厳重注意した。

 阪奈病院は、国内有数の結核病床数(123床)を備え、症状の重い患者の治療にもあたっている。川瀬一郎院長は17日、朝日新聞などの取材に対して「院内感染の認識が甘かった。反省している。主治医も、保健所への届け出を重要視していなかった」と話した。

 MDRAをめぐっては2008…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら