[PR]

 奈良・興福寺の「国宝特別公開2019」(興福寺、朝日新聞社主催)が、17日始まった。鎌倉時代の天才仏師・運慶の仏像が並ぶ北円堂と、父・康慶(こうけい)の傑作がそろう南円堂をともに拝観できる。11月10日まで。北円堂と南円堂が同時開扉されるのは6年ぶり。

 北円堂は興福寺の創建主で、平城京遷都を主導した藤原不比等(ふひと)の霊廟(れいびょう)。本尊の弥勒如来坐像(ざぞう)(国宝)は運慶晩年の名作だ。北インドで活躍した高僧の無著(むじゃく)・世親(せしん)立像(同)や四天王立像(同)も並ぶ。

 南円堂は平安時代の公卿(くぎょう)、藤原冬嗣(ふゆつぐ)が父の内麻呂(うちまろ)の冥福を願って建立。本尊の不空羂索(ふくうけんさく)観音坐像(像高3・36メートル)など鎮座する11体の仏像すべてが国宝だ。

 午前9時の開扉とともに参拝者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら