[PR]

 パナソニックは17日、米グーグルのバイスプレジデント、松岡陽子氏(48)が同日付で役員待遇の「フェロー」に就くと発表した。グーグルのスマートホーム部門をCTO(最高技術責任者)として率いた松岡氏に手腕を発揮してもらうことで、IoT(モノのインターネット)の活用など従来の枠を越えた新商品、サービスを生み出す考えだ。

 松岡氏はマサチューセッツ工科大学で電気工学とコンピューター科学を学び、グーグルの研究部門「グーグルX」の設立に共同創設者としてかかわった。米アップルの幹部を務めた経験もあり、直近まではグーグルのスマートホーム部門の「ネスト」のCTOだった。

 松岡氏はパナソニック入社後も米シリコンバレーを拠点とし、現地の開発チーム「パナソニックβ(ベータ)」のCEO(最高経営責任者)を兼ねる。「当社のイノベーションをリードする役割を担う」(同社)という。

 近年、外部人材の登用を進めているパナソニック。2016年にメリルリンチ日本証券の著名アナリストだった片山栄一氏を執行役員に、17年には日本マイクロソフト会長の樋口泰行氏を専務執行役員に、それぞれ迎えた。同年には、ドイツ系IT企業幹部だった馬場渉氏も起用している。(中島嘉克)