[PR]

 9月15日のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で2位に入り、東京五輪男子マラソン代表に内定した服部勇馬選手(25)=トヨタ自動車=が17日、出身地の新潟県十日町市を訪れ、市民らに五輪出場内定を報告した。越後妻有文化ホール・段十ろうで開かれた報告会では「(MGCの)一番苦しい場面で、みなさんの声援が背中を押してくれ、結果を出せた」と感謝した。

 報告会では、詰めかけた小中学生らに向かって「雪国や雪が降ることをハンディキャップと思わないでほしい。雪のおかげでスキーなどいろんなスポーツに取り組め、皆さんの可能性や挑戦が広がる、いい環境に恵まれている」と呼びかけた。また、「雪の降る中、登下校した我慢強さがマラソンにも生きた。その我慢強さが僕自身の原点」と語った。

 服部選手は今後、フルマラソンではなく、駅伝やハーフマラソンに出場して、来年8月9日の五輪本番に備える。

 十日町市役所も訪れ、関口芳史…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら