[PR]

つげ・よしふみ 09~12年に全国郵便局長会会長。自民党所属で当選2回

 日本郵政傘下のかんぽ生命保険の不正販売問題で、顧客に不利益を与えた疑いのある契約が大量に見つかっている。悪質な不正営業がこれほど横行したのはなぜなのか。郵政問題に詳しい参議院議員の柘植芳文さんに聞いた。

     ◇

――一連の問題をどう受け止めていますか。

 かんぽ生命は保険販売の9割を郵便局に依存するのに、かんぽが営業目標を一方的に決めて下ろすだけ。もっと現場の意見を聞いたり、裁量に任せたりすべきではなかったか。

 現行の改正郵政民営化法では、郵政グループは各社が支え合い、シナジー効果も出す一体経営が求められる。それが法律の趣旨なのに、経営層に十分理解されていない。むしろ各社がそれぞれ自立して営むという意識が強すぎる。

――どういうことでしょうか。

 小泉政権の郵政改革は、分社化…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら