政府は、甚大な被害が出た台風19号の被災者に配慮するなどとして、22日に予定している天皇陛下の即位に伴う祝賀パレード「祝賀御列の儀」を当面、延期する方向で調整に入った。

 パレードに先立ち、同日行われる「即位礼正殿の儀」や、パレード後に天皇陛下の即位を国内外の賓客に披露する祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」は、予定通り執り行われる見通しだ。政府関係者によると、パレードの開催時期は未定という。

 当初の計画では、パレードは22日午後3時半に皇居を出発し、約4・6キロの道のりを進む予定だった。菅義偉官房長官は15日の会見では、「祝賀御列の儀などの準備については淡々と進めていきたい」と述べていた。