[PR]

 ボーイング787初号機を展示する中部空港(愛知県常滑市、愛称セントレア)の商業施設フライト・オブ・ドリームズ(FOD)が今月、開業1周年を迎えた。施設内で記念の焼き菓子を売る、熱烈な航空ファンのパティシエは「今後も楽しい空間をつくって」とエールを送る。

 名古屋市中区伊勢山1丁目の「パティスリー アズュール」。模型店と見まがうほど、たくさんの航空機の模型が飾られている。ボーイング実験機の窓枠も設置され、コーヒーをいれるパティシエ水野佐紀さん(43)の姿はその向こう。機内食を運ぶカートが収納箱として使われていた。祖父の代からの写真店を改装し、照明は当時のままだ。

 小学生の頃からシュークリームなどのお菓子づくりに没頭した。大学卒業後、菓子専門学校を経てウェスティンホテル東京に就職。パリのパティスリー・サダハル・アオキで学び、2005年に開業した。オープンはくしくも中部空港と同じ年だった。1人で切り盛りし、生菓子10種、焼き菓子約15種をならべている。

 水野さんは「とにかく人がつく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら