今日から即位の関連行事が続く。平成の代替わりでは政教分離が大きな問題になった。この30年で皇室への国民の視線は変わったか。女性天皇や女性宮家の議論は忘れられていないか。

水無田気流さん「変化する国民のまなざし」

 平成時代を通じた皇室に対する国民のまなざしの変化には、大きく二つの側面があります。まず、天皇制の機能的側面があまり問われなくなったこと。二つ目はまなざしが感情的な側面に集まるようになったことです。

 平成の代替わりでは、天皇制の是非そのものを問う議論が盛んに行われました。当時はまだ天皇の戦争責任問題が影を落としていたことや、冷戦下で日本社会にも様々なイデオロギーの対立が明確だったことが大きいでしょう。

 しかし今回の即位の礼では、天…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら