[PR]

 中国の2019年7~9月期の物価の変動分を除いた実質経済成長率(速報値)は6・0%だった。四半期の成長率としては、比較できる1992年以降で最低だった4~6月期の6・2%をさらに下回り、歴史的低水準に落ち込んだ。市場予想の6・1%程度も下回った。

 中国国家統計局が18日発表した。毛盛勇報道官は記者会見で、10~12月期についても「引き続き鈍化する可能性が高い」と述べた。

 1~9月でみると、成長率は6・2%で、前年同期から0・5ポイントも下がった。

 同時に発表された経済指標では、1~9月は、工場などへの固定資産投資の伸びが5・4%と横ばいで、鉱工業生産の伸びも5・6%と0・8ポイント低下した。経済成長の6~7割に貢献してきた消費もさえず、小売総額の伸びは前年同期より1・1ポイント低い8・2%にとどまった。米中貿易摩擦が続くなか、幅広い分野で経済活動が失速する傾向が鮮明になった。

 成長率は四半期ごとに低下し、政府が立てた年間目標6・0~6・5%の下方に近づいている。

 毛氏は会見で「経済運営は全体的に安定している」との認識を示し、「世界の経済大国では最も高い。失業率や物価など重要指標は合理的な範囲内にある」と強調した。(北京=福田直之)