選手第一、胸張るIOC 森会長「不快感もちようない」

有料会員記事

遠田寛生 芳垣文子、丸山ひかり 前田大輔、堀川貴弘 軽部理人
[PR]

 東京五輪のマラソンと競歩を札幌市で開催する案について、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は17日、「移すことを決めた」という言葉を使った。東京都では不満の声が上がるが、「アスリートファースト」の号令のもと、札幌開催への流れは止まりそうにない。

 日本時間17日午後、カタール・ドーハ。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、各国のオリンピック委員会の代表者らを集めた会議で宣言した。

 「どうやってアスリートファーストの精神を体現するか。我々は、昨日その一つを証明した。東京五輪でのマラソンと競歩を札幌に移すことを決めた」

ここから続き

 前日、IOCは「札幌に移す…

この記事は有料会員記事です。残り2469文字有料会員になると続きをお読みいただけます。