[PR]

 車いすのまま乗れるユニバーサルデザイン(UD)タクシーで、運転手による乗車拒否が相次いでいるとして、障害者団体「DPI日本会議」が30日、各地で乗車拒否に関する調査をする。東京五輪・パラリンピックで海外から多くの車いす利用者が訪れる前に、改善を図る狙いがある。

 調査は東京、大阪、名古屋を中心に、100台以上のUDタクシーについて実施する予定。タクシー乗り場や流し、電話で配車予約して乗る際に拒否された事例を集計する。乗れた場合でも、乗車にかかった時間や使いにくかった点も調べる。

 UDタクシーには、乗降用のス…

この記事は有料会員記事です。残り373文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。