[PR]

 中国の7~9月期の実質成長率が6・0%という歴史的な水準まで失速したのは、これまで成長を牽引(けんいん)してきた外需と内需の両輪に急ブレーキがかかったためだ。

 引き金は米中貿易摩擦の激化だ。対米輸出額は1~9月、前年同期比10・7%減。米トランプ政権が追加関税「第4弾」を発動した9月は、前年同月比22%減に落ち込んだ。工場の稼働率は下がり、ベトナムなどへの移転も相次ぐ。企業は将来への投資を控え、収入が減った従業員もいる。

 その結果、先行きへの不透明感…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら