【動画】元トヨタ自動車のエンジニア・山崎津義さんが作ったからくり人形=小山裕一撮影
[PR]

 糸やぜんまいなどで動き、江戸時代に盛んに作られたからくり人形に魅せられ、人形作家になった元トヨタマンのエンジニアがいる。10月下旬、ロシア・モスクワである国際人形劇フェスティバルで、初めて海外公演をする。「ロシアの人たちに機械仕掛けの動きの面白さを知って欲しい」と意気込んでいる。

 ロシア公演に参加するのは愛知県豊田市の山崎津義(つよし)さん(79)。フェスティバルは10月25~31日にモスクワ人形劇場であり、名古屋市などに住むからくり人形の仲間2人とともに、山崎さんが作った「茶運び」や「流鏑馬(やぶさめ)」、「文字書き」などのからくり人形五つを披露する。

 山崎さんはかつて、トヨタ自動車でエンジンの開発を担当するエンジニアだった。働き盛りの30代半ばごろ、「会社で働くだけの人生でいいのか。幅を広げたい」と、ふと思い、仕事以外にも熱中できることを探した。

 最初はアーチェリー。その次は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら