島根)漫画家・園山俊二さん顕彰を 市民らが街づくり

有料記事

小西孝司
[PR]

 原始人が主人公の「はじめ人間ギャートルズ」など人間味あふれる作風で知られる松江市出身の漫画家、園山俊二さん(1935~93)。松江を、そして島根を愛した園山さんを顕彰し、街づくりに生かそうと、市民らの取り組みが本格化している。

 園山さんは松江高校(現・松江北高校)を卒業後、早稲田大在学中の58年、毎日小学生新聞に連載した「がんばれゴンベ」でデビュー。ギャートルズはアニメ化され、朝日新聞に「ペエスケ」を連載した。自然を愛し、中海・宍道湖の干拓・淡水化計画に反対する活動にも携わった。

 活動に取り組むのは、「園山俊二の会」(原田康行会長)。松江市・松江京店商店街にある時計宝石販売「創美堂」の社長、原田さん(76)が、園山さんの妻、宏子さん(76)=東京都=と幼なじみだったことをきっかけに、園山さんの没後25年にあたる昨年に発足。約15人のメンバーは職業も年齢もさまざまだ。

 原田さんは「松江といえば松…

この記事は有料記事です。残り704文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。