[PR]

 東日本では18日夜遅くから19日昼過ぎにかけて激しい雨が降り、地域によって大雨となるおそれがある。台風19号による記録的な大雨で、河川の堤防が損傷したり地盤の緩んでいたりする地域があり、少ない雨量でも洪水や土砂災害の危険度が高まるとして、気象庁が警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、日本の南に停滞している前線が北上し、低気圧が北東へ進む影響などから、18日午前6時から20日午前0時までの総雨量は、伊豆諸島で200~300ミリ、静岡県で100~200ミリ、東北太平洋側、関東甲信地方で100~150ミリ、新潟県で50~100ミリの見込み。

 沿岸部を中心に風も強まり、落雷や竜巻など激しい突風のおそれもあるという。19日の最低気温も10~15度台と、冷え込む地域が多くなる。

 また、18日未明、フィリピンの東の海上に台風20号が発生した。中心付近の最大風速は18メートルで、北北西にゆっくり進んでいる。21日に沖縄の南で熱帯低気圧に変わる見通し。