[PR]

 食材を加えるだけで手軽に家庭で料理を作れる「専用調味料」に食品メーカーが力を入れている。消費増税で外食は税率10%になり、節約志向から自宅での料理が増えるとみて品ぞろえを増やし、「時短」や「店に負けない本格的な味」でアピールしている。

 しょうゆやレトルト食品を製造販売するヤマモリ(三重県桑名市)は、タイ料理を簡単に作れる「タイクック」シリーズで、8月に「グリーンカレーの素」、今月18日には「トムヤムクンの素」を発売した。タイで採れたハーブを使い、「本場の味」を再現したという。肉や野菜などと一緒に10分煮れば完成する。

 同シリーズは計6種。増税後の1年間でシリーズの売り上げを1・3倍にする目標で種類も増やす予定だ。広報担当者は「増税で家で食事をする人が増えるはずで、大きなチャンス。今まで専門店でタイ料理を食べていた人を取り込みたい」と意気込む。

 ミツカンは鍋つゆで主力の3~…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら