【動画】水戸市の那珂川の浸水地域で排水作業=野津賢治撮影
[PR]

 国土交通省関東地方整備局は18日、台風19号の大雨で茨城県の那珂川が13日に越水した際、「氾濫(はんらん)発生情報」を発表していなかったと明らかにした。同じ時間帯に県内の別の河川でも越水が確認され、担当する常陸河川国道事務所が混乱し、職員間での情報伝達ミスがあったとしている。赤羽一嘉国交相は18日の閣議後の記者会見で「大変申し訳なく、心からおわびを申し上げたい」と陳謝した。

 同局によると、那珂川では12日夜から水位が上昇し、13日午前0時半ごろには氾濫危険水位に到達。発生情報の一つ下のレベルである「氾濫危険情報」を発表した。

 その後、那珂川の監視委託員が同1時半ごろに同県常陸大宮市内での越水を車の中から確認。連絡を受けた同事務所職員も同4時45分までに同市での越水を確認した。

 職員は事務所に電話とメールで連絡したが、情報が共有されず、「発生情報」に至らなかったという。同時間帯には県内の久慈川でも越水しており、事務所内は「あまりにも多くのことに同時に対処しなければならず、大変混乱していた」(同局)という。

 那珂川では同日午前11時以降に堤防の決壊が確認されたが、水位が下がっているなかで発生情報を出せば混乱を招くと考え出さなかったという。

 氾濫発生情報は災害がすでに発生している場合に、住民に警戒を呼びかけるために発表されるもの。

 同局は今後、情報管理にあたる係員を増員するなどして再発防止に当たるとしている。(釆沢嘉高)