広島)ホロコーストで忘れられた曲披露 独のデュオ来日

有料会員記事

八田智代
[PR]

 ホロコーストユダヤ人の大量虐殺)を進めたナチス・ドイツが演奏を禁じたため、長い間忘れられていたユダヤ人作曲家の歌曲が、25日に福山市、27日に広島市中区で演奏される。彼らの曲を発掘し演奏活動を続けるドイツの「ゲルンスハイム・デュオ」の初来日公演だ。

 デュオを組むのは、神奈川県出身でドイツ在住のピアニスト、クリスト加藤尚子さん(43)と、ドイツのソプラノ歌手アナ・ガンさん(46)。平和への思いを込め、全国7公演のうち2公演を、ホロコースト記念館がある福山と被爆地・広島で行う。

 ガンさんはかつて、ラジオ局でジャーナリストとしても活動し、ホロコーストを扱う番組にも関わってきた。クリスト加藤さんは、2016年にガンさんと共演したことで、忘れられたユダヤ人作曲家の歌曲を知り、その音楽に感動。「ゲルンスハイム・デュオ」を結成した。2人は、インターネット上の収集記録や、図書館などで楽譜を探し出し、ドイツ国内で演奏活動を続けている。

ここから続き

 クリスト加藤さんにとって…

この記事は有料会員記事です。残り362文字有料会員になると続きをお読みいただけます。