大分)コウノトリ、6年ぶりに佐伯市に飛来 住民が撮影

有料会員記事

佐藤幸徳
[PR]

 国の特別天然記念物のコウノトリが16日夕、大分県佐伯市堅田の田んぼに飛来している姿を、近くに住む看護師の金田佐登美さん(68)が撮影した。

 金田さんは16日午後5時ごろ、自宅を訪ねてきた知人から、近くの堅田川の河川敷に珍しい大型の鳥がいたと教えられた。趣味のカメラで撮影しようと自宅を出ると、10メートルほど先の田んぼの中に目撃されたとみられる鳥がいたという。

 鳥は人に慣れた様子だったが、撮影の際に近くの樹木に体が当たって音が立つと、反応して5メートルほど羽ばたいたという。

 金田さんから知らせを受けた…

この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら