[PR]

 第67回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の高校の部が20日、名古屋市の名古屋国際会議場であった。東北支部代表として出場した聖ウルスラ学院英智は銀賞を受賞した。

 2年連続出場の聖ウルスラ学院英智は自由曲で、「交響的変容」(三善晃)を息の合った演奏で披露した。指揮をした及川博暁教諭は「吹奏楽の全国大会では初演となる曲なので、みんなで話し合いながら作り上げてきた。今までの努力の集大成となる、いい演奏だった」と話した。

 トロンボーンを担当した部長の中内琴葉さん(3年)は「最初はみんな知らない曲だったので、イメージをつかむのが大変だった。意見がぶつかり合うことも多く、悩んだ時期もありました。でも最後はみんなで楽しくやりきれたので良かった」と笑顔で話した。(高山顕治)

関連ニュース