[PR]

 厚生労働省は18日、公的年金を受け取り始める年齢を60~70歳の間で選べる今の仕組みを変え、75歳まで繰り下げられる案を社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会に示した。75歳から受け取る場合、65歳の受給開始と比べて、年金月額は84%増える。政府は、高齢者が働き続けやすい環境整備を進めており、それに合わせて年金受給の選択肢も広げる。

 部会の委員から目立った反対意見は出ず、厚労省はこの案に沿って改革案を取りまとめる方針。来年の通常国会への関連法改正案の提出を目指す。

 今の制度では、受給開始年齢は原則65歳で、60~70歳の間で選べる。66歳以降に繰り下げた場合、1カ月遅らせるごとに年金月額は0・7%ずつ増え、70歳を選べば42%増える。65歳より前に繰り上げる場合、1カ月早めるごとに0・5%ずつ減り、60歳を選択すると年金月額は30%減る。

 年金部会に示された厚労省案で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら