[PR]

 まさか消費税が18%に――。北海道網走市のある飲食店が、消費税率が10%になった今月1日以降に、気づかぬうちに18%の税率で客に過剰請求していた。この飲食店を利用した記者が気づいて店に連絡。一部の客は請求通りに支払っており、店は「ご迷惑をおかけしたお客さんが特定できれば返金したい」と話している。同様のトラブルは東京都内などのチェーンのカフェでも起きていた。

 消費税を本来より多く請求していたのは、網走市内で三つの飲食店を経営する法人の1店舗。10月7日夜、家族とともに記者が利用し、アルコール飲料や焼き鳥など税抜きで計8817円を飲食。消費税を加算したという請求額1万403円を支払って店を出た。

 帰宅後、「消費税アップで少し高くなったね」などと家族と話しながら、レシートを眺めていたところ、消費税が「店内飲食」(10%、881円)と「持ち帰り」(8%、705円)のいずれも加算されていることに気づいた。本来支払う額は9698円だった。

 記者は翌日、店に「レジの設定ミスかも。消費税が18%の計算になっている」と指摘。店が確認したところ、10月2日に3件、7日に4件の計7件で、「店内飲食」の客に対し、「持ち帰り」の消費税も加算して請求していた。逆に3日には1件で消費税の過少請求も起きていた。

 この店では、決済サービス大手…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら