[PR]

 台風19号が本州に上陸してから19日で1週間。岩手県の18日の発表によると、記録的な大雨の影響で、3市町村1073戸で断水が続く。低気圧や前線の影響で、19日は広範囲で雨が降る見込みで、宮古市や山田町は18日、避難勧告を発令。盛岡地方気象台などは警戒を呼びかけている。

 岩手県内は19日未明から雨が降り始め、同日午前~昼過ぎごろピークを迎える見込み。台風19号の影響で地盤が緩んでいる場所もあり、盛岡地方気象台は重ねて警戒を呼びかけており、宮古市は18日午後3時、山田町は18日午後5時15分、管内全域に避難勧告を発令した。

 気象台は19日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで内陸と沿岸南部で100ミリ、沿岸北部で80ミリと予想している。台風19号の影響で、「少ない雨量でも土砂災害や洪水の危険が高まる可能性がある」としている。

 大雨や洪水に備えるため、宮古市津軽石小学校の近くでは18日午後、住民らが台風で出た土砂を市から無償提供された袋に詰め、土囊(どのう)を作っていた。作業していた住民の1人は「このままにしておくと次の雨で土砂が散乱する。子どもたちが安全に通学できるように地域で協力したい」と話した。(藤谷和広、成田認、大西英正)