[PR]

 「人を育て、日常を取り戻したい」。京都アニメーション第1スタジオの放火殺人事件から3カ月になった18日、京アニの八田英明社長が京都市内で記者会見し、なお癒えることがない胸の内や、再建への決意を語った。

 紺のスーツ姿で現れた八田社長は冒頭、会見場に向かう途中に電車から、焼け焦げたままの第1スタジオが見えたと明かした。「大事な建物がああいう形で見え、本当に心が痛い。3カ月たったが、ご遺族の気持ちを思うと、いてもたってもいられない」と言葉を絞り出した。

 ともに作品をつくってきた同僚たちを突然、失った。「7月18日まであった日常が、今はない」。そんな喪失感を抱きながら、3カ月間を過ごしたという。

 9月21日には京都市内で京アニ社内のお別れの会を開いた。出席した社員や遺族ら約250人の参列者と写真を見ながら思い出を語り合った。「仲間が犠牲になり残念でならない。気持ちをつないでいく」。八田社長はそう誓ったという。

事件で社員4割死傷 社員の現在は?

 事件で社員の4割が死傷した。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら