【動画】窒化ガリウムを使った省エネ電気自動車の走り=名古屋大学提供、山本正樹撮影
[PR]

 2014年ノーベル物理学賞を受賞した天野浩・名古屋大教授らのグループが、窒化ガリウム(GaN)を利用し、通常より2割以上省エネの電気自動車を走らせることができたと発表した。名付けて「All(オール) GaN(ガン) ビークル」。24日から始まる第46回東京モーターショー2019でお披露目される。

 電気自動車では、バッテリーの直流電流を「インバーター」という装置で交流電流に変えてモーターを動かす。インバーターの材料に通常のシリコンではなくGaNを使うことで省エネを実現し、これまでの電気自動車よりも電気を使わずに済むという。

 天野教授ら名古屋大未来材料・…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら