[PR]

 関西電力の役員らが高浜原発がある福井県高浜町の元助役(故人)から金品を受け取っていた問題で、稲田浩二副社長ら関電幹部が18日、滋賀県庁を訪れ、三日月大造知事に謝罪した。

 稲田副社長は冒頭、「県民の皆さまのお気持ちを裏切り、深くおわび申し上げます」と頭を下げた。調査結果の概要や第三者委員会を設けたことを説明し、「信頼される会社になれるよう最大限の努力をします」と述べた。

 一方、三日月知事は「極めて遺憾。電力会社の信頼は大きく失墜し、憂慮すべき事態だ」と厳しい言葉で応じ、説明責任と再発防止策を講じるよう求めた。

 さらに「原発の立地自治体のみに権限が集中するのではなく、万が一の時に被害が及ぶ自治体の関与も担保するべきだ」と強調し、滋賀県も立地自治体並みの安全協定が締結されるよう求めた。(筒井次郎)