【動画】北朝鮮漁船との衝突映像を公開、水産庁=水産庁提供
[PR]

 水産庁は18日、日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内で7日に発生した北朝鮮漁船との衝突事故の映像を公開した。

 映像は、衝突前後の状況を約13分に編集したもの。「退去警告に従わないため、撮影を開始する」の声とともに始まる。漁船には北朝鮮の国旗マークのほか、集魚灯や網のようなものも確認できる。水産庁の漁業取締船が後方から近づき放水を始めると、間もなくして漁船の左側が取締船に衝突した。漁船は徐々に左に傾き、沈没。取締船は漂流する乗組員に救命胴衣を投げるなどして救助した。乗組員が別の北朝鮮の漁船に乗り移っていった場面で映像は終わった。

 水産庁は当初から衝突の原因は漁船側の左旋回が原因と主張。船長が指示を出す声など前後の音声にも矛盾はないと強調した。放水から衝突まではカットしていないと説明している。漁船が好漁場の大和碓(やまとたい)がある南東側に向かっていたことも明らかにした。

 北朝鮮は、北朝鮮の水域で通常航行していた漁船を日本の取締船が沈没させたとして賠償などを求めているとされる。

 政府は当初、捜査への影響もあるとして映像の公開に慎重だったが、与野党から映像の公開を求める声が上がっていた。映像は水産庁と農林水産省のホームページでも公開する。(兼田徳幸)