[PR]

日韓インタビュー 姜尚中(カン・サンジュン)さん(東京大学名誉教授)

 「近づきすぎたがゆえの葛藤と摩擦だ」。在日2世として両国を俯瞰(ふかん)してきた政治学者は、いまの日韓をそうみる。愛する両国の関係改善の糸口はどこか。何度もふれたのは、韓国大統領だった金大中(キムデジュン)氏の言葉と、「往来1千万人」がもたらす意識の変化だった。

 ――韓国大統領だった故・金大中氏と親しかった姜さんから見て、文在寅(ムンジェイン)政権はどう見えますか。

 「文大統領が金氏から学ぶべき点は多くあります。例えば、金氏のノーベル平和賞受賞理由には『日韓の和解を成し遂げた』とありました。その点、文政権では、日本側の受け止め方に気を配るといった外交姿勢が、かなりおろそかにされたことは否めません」

 「対北朝鮮交流では、周辺国、特に日本との協力関係を確かめながら、漸進的に関係を築くことが重要です。文政権がもっと丁寧に説明していれば、日本側がここまで不安に陥ることもなかったと思います」

 ――金氏は日韓関係をどう位置づけていましたか。

 「金大中事件について、本人か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら