[PR]

 台風15、19号で被害を受けた千葉県県南部の被災地を音楽で支援しようと、柏市など東葛地域の演奏家が中心となって、11月3日に同市のアミュゼ柏でチャリティーコンサートを開く。「私たちなりに力になりたい」。そんな思いを抱いた演奏家たち15人が被災地の復興を願って曲を奏でる。

 主催は「音楽で被災地を支援する会」。柏市在住で同会代表のオーボエ奏者、眞山(さなやま)美保さん(58)は「私たちは被害を受けた家の屋根に上って修理するようなことはできない。まずは演奏家ができることをしたいと考えた」と話す。

 同会は昨年7月の西日本豪雨の際、被災地を支援しようと、眞山さんらが中心となって結成。同8月に柏市内の寺院「大洞院」でチャリティーコンサートを開き、約120人の観客が訪れて義援金約35万4千円を集めた。眞山さんが愛媛県出身ということもあり、被災地の同県大洲市に全額を義援金として送った。

 今回の演奏会に出演する15人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら