拡大する写真・図版 米倉涼子=外山俊樹撮影

[PR]

 メスから煙がゆっくりとあがる。手術室の無影灯を背に、大きな瞳をカッと見開き、一言。「私、失敗しないので」――。「ドクターX」(朝日系、木曜夜9時)で、天才外科医・大門未知子の生き様を語るための核となるオペシーン。ものすごく履き心地の悪いサンダル、必要な焼き肉のタレ……。その過酷さと裏話、自身の病で切実に感じたことを、主演の米倉涼子さんが語ります。

「私、目で生きているので」

 大門未知子への愛着? やれる元気があったら、ずっとやりたいって言っていると思うんですけれど、(やれるかは)その時になってみないとわからないなあ。もしかすると、私より、視聴者の皆さんのほうが、大門に愛着を持ってくださっているのかもしれない。あと、この設定ってどうしても高いヒール、生足で歩かなければいけないので、これはどうにかならないのかな(笑)。

 ドラマで流れているオペシーン…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら