[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは18日(日本時間19日)、米ネバダ州ラスベガスで開幕した。女子ショートプログラム(SP)があり、昨季の全日本女王の坂本花織(シスメックス)は73・25点で2位に入り、樋口新葉(明大)が71・76の3位。山下真瑚(愛知・中京大中京高)は46・21点の12位だった。首位は75・10点のブレイディ・テネル(米)。4回転ルッツを跳ぶことで注目される15歳のアンナ・シェルバコワ(ロシア)は67・60点で4位発進。

 同日には、男子SPもあり、世界選手権2連覇中のネーサン・チェン(米)が102・71点で首位に立った。日本の友野一希(同大)は75・01点で8位で、島田高志郎(木下グループ)は72・12点で11位だった。

 19日(同20日)に、男女フリーがある。