[PR]

 シリア北東部で18日、トルコ軍と少数民族クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)が再び衝突したと、複数の米メディアが報じた。トルコ軍によるYPG攻撃をめぐっては、米国政府とトルコ政府が17日、トルコ国境地帯からYPGを撤退させるため、トルコ軍が攻撃を5日間停止する「停戦」で合意したばかり。合意後わずか1日で「停戦」は揺らいでいる。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルなどによると、シリア北東部のトルコ国境付近で17日夜から18日朝にかけて、散発的な砲撃やドローンによる攻撃が起きたという。さらに、トルコ国境沿いにあるシリア北東部ラスアルアインの病院には砲弾が直撃したという。

 YPGを中心とする武装勢力の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら