[PR]

 第145回九州地区高校野球大会(九州地区高野連主催、朝日新聞社など後援)が19日、佐賀市のみどりの森県営球場とブルースタジアムで開幕した。

 唐津商はブルースタジアムでの1回戦で、今春の選抜4強の明豊(大分)と対戦。宮崎友の2本を含む計3本塁打などの猛打を見せたが、14―20で惜しくも逆転負けした。

 20日は佐賀学園が登場。午前10時から、みどりの森県営球場で鹿児島城西と対戦する。九州大会は各県大会の上位2校の計16校が出場。6日間(休養日含む)の日程で開催される。