[PR]

 「秋のバラフェア」が19日、久留米市野中町の石橋文化センターで開幕した。園内はバラの香りに包まれ、初日から大勢の家族連れでにぎわった。11月17日までの会期中、イベントも開催される。

 園内には約400種、約2600株のバラが植えられている。真っ赤な花が印象的な「熱情」や、かわいらしいピンク色の「ストロベリーアイス」など、来場者は色とりどりのバラに見入っていた。

 11月2~4日には、特設ステージでローズガーデンコンサートを開催。会期中、バラの苗販売もある。園内の久留米市美術館では11月4日まで「タータン 伝統と革新のデザイン」展(朝日新聞社など主催)が開かれており、タータン柄の帽子やマフラー、服を身につけてきた来園者には、園内の「楽水亭テイクアウトショップ」で販売しているバラソフトが50円引きになるサービスもある。(倉富竜太)