[PR]

 名古屋市の名古屋国際会議場で20日開かれた第67回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の高校の部に、県内の2校が中国支部代表として出場した。明誠学院が前半の部で銀賞を獲得、岡山学芸館は後半の部で金賞に輝いた。(榧場勇太)

 岡山学芸館は3年連続の金賞。今年は自由曲に英国の人気作曲家ピーター・グレイアムの「巨人の肩にのって~偉大なる先人たちへのトリビュート~」を選んだ。

 クラシックの名曲や著名な金管楽器奏者の演奏をほうふつさせるフレーズが盛り込まれた曲で、冒頭は金管楽器の堂々としたファンファーレで聴衆を魅了。中間部は丁寧なアンサンブルでゆったりと聞かせ、終盤は駆け抜けるような細かい旋律を鮮やかに奏でた。

 部長の明楽結さん(3年)は結…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース