[PR]

 台風19号が神奈川県内を通過してから1週間となる19日、箱根町や川崎市など大きな被害が出た地域では日常を取り戻そうと、懸命の復旧作業が続いた。この台風による県内の犠牲者は14人に上り、なお3人の行方がわからない。相模原市では19日も、市内の行方不明者2人の捜索が行われた。

 箱根町の大涌谷では、大雨による土砂崩れのため、温泉を供給する配管が多数破損した。仙石原や強羅の多くの旅館・ホテルに温泉が届かず、全面的な供給再開は11月になる見込みだ。一方、多くの地点で寸断された交通網は通行止めが大幅に減り、観光客は徐々に戻っている。

 「箱根温泉供給」社は、大涌谷6カ所で蒸気と地下水を利用し、日量3千~4千トンの温泉を造成している。しかし、12日から200~230カ所の旅館、ホテル、別荘などへの供給が途絶えた。同社の担当者によると、土砂崩れによるパイプの破損が多く、温泉を送り出せないという。16日には「今月末までの復旧は困難」と判断した。さらに関係者は18日、「11月1日ではOKにならないだろう」と述べた。

 強羅・仙石原の複数のホテル・…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら