[PR]

 母国・南アフリカとの1戦で成長した姿を見せる。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会準々決勝に挑む日本代表のロック、ビンピー・ファンデルバルト(30)はそんな思いを持っている。フィジカルの強さで勝負する母国に対し、日本で身につけた素早さと細かな動きで対抗するつもりだ。

 背番号19の控えとして20日の南ア戦に臨む。出場すればラインアウトの捕球役として期待される。身長188センチ。FWとして南アでは「だいぶ小さいほう」だ。ましてや高さがものを言うラインアウトでは「南アの知り合いからは、お前がジャンパーかと驚かれる」と笑う。日本で得た「素早さ」が武器になっている。

 球がタッチラインの外に出れば…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら