[PR]

 YTS山形テレビは19日、開局50周年記念事業の「第1回やまがた5時間リレーマラソン」と恒例の「YTSまつり」を天童市の県総合運動公園で開いた。リレーマラソンには雨の中、県内外から200チーム計約1500人が参加し、にぎわいを見せた。

 リレーマラソンは午前10時にスタート。一般、高校生、小・中学生の各部門で10人以下のチームがたすきをつなぎ、1周約1・3キロのコースを午後3時までにどれだけ多く回れるかを競った。優勝は、69周計89・7キロを走った「天童東村山駅伝」チーム。賞品として、山形牛ロースステーキ3キロが贈られた。

 山形大の花笠サークル「四面楚歌(そか)」は2チームに分かれて出場。工学部3年の加藤慎也さん(22)は「(リレーを待っている)間に抽選会もあって、飽きずにとても楽しめました。(雨などの)コンディションは関係ないですね」と話していた。(上月英興)