[PR]

 台風19号では、避難所に人が殺到して入れなかったり、増設が後手に回ったりして、困惑する避難者がいた。自治体はなぜ、当初から十分な態勢で避難所を開設しなかったのだろうか。

 「狛江市、避難場所もっと増やしてくれ」。12日、ツイッターにそんな悲鳴が投稿された。多摩川に接する同市は午前8時過ぎ、まず中央公民館を自主避難所に。避難が相次ぎ、昼前までに3カ所増やした。夕方、一部地域に避難勧告を出す。避難者はさらに増え、結局、勧告などに伴う避難所と、自主避難所計11カ所を開設し、4千人近くが身を寄せた。

 市は避難所の開設や収容状況を随時ツイッターなどで発信。だが、「訪れた市民に『満員なので別の避難所に行って下さい』とお願いしたケースが4カ所であった」と市幹部は話す。

 市内には多摩川のほかにも川が…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら